地域を守る消防団INDEX -INDEX

 

地域を守る和泉市消防団をご紹介します。

ふるさとの担い手消防団は、郷土愛の精神をもって、各種災害から地域住民の生命・身体・財産を保護するため昼夜を分かたず、地域の防災の中核として、現在1団、9個分団、37個班、団員363名で住民が安心して生活できる安全な地域づくりに全力を注いでいます。

大阪府立消防学校に於いて消防団員の団体規律の向上と消防技術を錬磨し、士気の高揚を図り、もって消防体制を強化することを目的に大阪府消防大会が実施されています。
その中で消防操法訓練大会が行われ当市消防団も出場し、優秀な成績を修めています。

毎年のように発生する台風や集中豪雨などの自然災害にも対応し地域防災のリーダーとして、消防本部と車輪の輪のごとく、一体となって活動しています。
平成11年5月18日の槇尾山町の山林火災では、延べ車両71台、人員507人を投入し火災防御活動に当たりました。
ボランティア精神に基づく消防団の活動は、私たち地域住民にとって、頼もしい存在であります。

団長あいさつ
消防団の活動
消防団の組織 施設紹介



ページの上に戻る

トップページへ戻る
トップページへ戻る